ブロックチェーンといえば仮想通貨が思い浮かびますが、ブロックチェーンの利用方法はそれだけではありません。
では、ブロックチェーンを利用することのメリットにはどのようなものがあるでしょうか?

・ブロックチェーンのメリットは?


ブロックチェーンのメリットとして、まずは安全性が高いという点があります。
ブロックチェーンは新しいブロックを生成する際に、以前のブロックのデータも内包するという特徴があるため、過去のブロックのデータを改ざんすることができない、というメリットがあります。

また、サーバーなどにデータを保管している場合は、サーバーがダウンする可能性やデータが破損する可能性などもあります。
しかしブロックチェーンはサーバーなどが無く、データがネットワーク上に分散して保管されているため、サーバーのようにダウンしてアクセスできない、またはデータが失われることがないという点もメリットです。

ブロックチェーンは、中央集権となる存在が無くても運用が可能です。
中央集権ではないという事は、少数の意見によって全体の在り方が変更されることがない、という事になるので、この点もブロックチェーンのメリットといえます。

例えば、ビットコインの発行を管理する会社がある場合、その会社がビットコインの価格を吊り上げたいと考えた場合、流通量の調整などが可能となります。
しかしブロックチチェーンは非中央集権型の存在なので、管理する会社はなく、発行量などは最初に定められたルールに則ります。

価格についても、ビットコインを取引する多数の人間の総意によって決まってくるため、誰か少数の意志によって変動することは難しいでしょう。

・ブロックチェーンのメリットはどのように活かされる?


ブロックチェーンのメリットを活かして、様々な分野で活用されることが期待されています。
例えば、銀行の業務や保険業務などにもブロックチェーンのメリットは相性が良く、不動産業などにも活用できるでしょう。

ブロックチェーンが持つ、取引記録に対するセキュリティの高さは金銭のやり取りをする銀行にとっても大きなメリットがあり、保険についても支払いプロセスの高速化や契約をシンプルにする事なども期待できます。

不動産業については、権利書などをブロックチェーン上で電子化することで、現状よりも正確で安全性の高い取引が望めるでしょう。
ブロックチェーンの場合は過去の取引記録を確認するのも素早くできるので、土地の所有者を確認する場合や、その変更履歴なども簡単に確認できます。

それ以外にも、多くの分野で事務作業の効率化やコンテンツなどの利用許諾管理など、ブロックチェーンのメリットが活かされるでしょう。

・ブロックチェーンにはデメリットもある


その一方で、ブロックチェーンにはデメリットもあります。
その例として、ブロックチェーンに記録されている内容については誰でも見られるようになっているため、機密情報などはそのままだと扱うことができません。
その点を考えた匿名性高い仮想通貨なども一部ありますが、そうでなければ情報はオープンです。

また、運営などが存在するシステムの場合、定期的にアップグレードなどが行われます。
しかし、ブロックチェーンの場合は管理者が存在しないことが多いので、完成してしまえばアップグレードなどは基本的に行われることがないのもデメリットといえるでしょう。
ブロックチェーン技術にはこうしたデメリットもありますが、それでもメリットの方が多いといえます。

現在はそれぞれのブロックチェーンが独立して存在しているような状態ですが、そのブロックチェーン同士が連携するようになれば、メリットはさらに増えることとなるでしょう。そうなると、今後はさらにブロックチェーンは有用性が増していくと思われます。