ICOって何?
仮想通貨取引をするなら、
知っておくべきICOについて!


仮想通貨がテレビや新聞、
ネットなどで話題となっています。


仮想通貨でたくさん稼いだ話
結構聞こえてくるため、
仮想通貨を始めてみようかな、
なんて人も多いようです。


今回は、仮想通貨について取り上げます。


仮想通貨取引について、
勉強するとよく
ICOという
言葉が出てきます。



ICOとはなんでしょうか。


まずは、仮想通貨取引に関する
ICOについて解説していきたいと思います。

 

ICOとは?仮想通貨のICOとはどういったものか?

 

ICOとは、


イニシャル・コイン・オファリング


の略です。



イニシャルは「最初の
という意味で、コインは「通貨」、
オファリングは「募集」のことです。


ある会社が、何かの事業を
はじめるために資金調達の
手段として、仮想通貨トークンを
発行することを
ICOといいます。


たとえば、Aという会社が、
先端技術を駆使した商品を開発、
製造販売するために
資金が必要だとします。


今まで、こういった資金を
調達する場合は、
銀行からの融資を受けたり、


株式を公開したり、社債を発行したり、
ベンチャーキャピタルの融資を
受けたりしてきました。


ICOの場合は、資金調達を
仮想通貨を発行して行うのです。

 

 

ICOと株式の違いとは!

それでは、ICOによる資金調達とは
実際にはどうやって
行われているのでしょうか。


通常、株式を発行したり
公開したりする場合は、


証券会社を通して自社の株を
一般の人や他の企業などに
購入してもらい、お金を手に入れます。


そのため、上場していない企業は
かなりの時間と手間がかかります。


また、株式の場合は株主優待や配当、
議決権などがありますが、仮想通貨では
そういったものはありません。


 

ICOとクラウドファンディングの違いとは?

資金調達の手段としては、
クラウドファンディングという手法もあります。


クラウドファンディングもネット上で簡単に
資金調達ができるという点は、
ICOと同じです。


しかし、クラウドファンディングは、
出資者に対するリターンがICOとは違います


ICOの場合は、仮想通貨は通貨として物の
売買にも使えますし、購入価格よりも
価値が上がることもあります。


しかし、クラウドファンディングは、
出資者に対してのリターンは主催者が
一方的に決めたものとなります。

 

ICOのメリットとは?

 

ICOのメリットを考えるとき、
仮想通貨を発行する側と
出資者側からの二通りのメリット
考え方ができます。


まず、仮想通貨を発行する側の
ICOのメリットは、資金調達を
証券会社など介さずにネットで

行うことができて簡単であること。


また、資金調達した後、
その資金を返済する
必要がないことがあります。


返済する必要がないのは、
株式などと同じですが、
株式と大きく違うのは、
議決権や配当などがないこと
があります。


次に、出資者側のメリットは、
投資として考えた場合、
仮想通貨が値上がりすれば、
大きな利益を得ることができること。


そして、仮想通貨を通貨として
使用することもできることです。


そのため、事業に対する純粋な投資の
考えでなくても、仮想通貨投資に
参加することができます

 

 

ベンチャーキャピタルもトークン投資を始めている

様々な会社がICOをして、
仮想通貨トークン投資を始めています。


仮想通貨トークンに
投資をするということは、

ベンチャー企業への投資をするのと
ほぼ同じ意味合いを持っています。


そのため、ベンチャーキャピタルが
トークン投資を始めています。


事業そのものよりも、仮想通貨自体に
魅力があるICOが増えていることも、
ICOへの参加を促す
理由の一つになっています。


ICOがもっと普及してくれば、
ベンチャーキャピタル自体の存在価値
がなくなってくると考えられます。


どの企業も
ICOによって
直接資金調達できるようになれば、
ベンチャーキャピタルによって融資を
受ける必要がなくなるからです。


そういったことも、ベンチャーキャピタルが
トークン投資をはじめている
理由
の一つかもしれません。

 

 

ICOは今後、伸びていく可能性が高い!

このようにICOは、
きわめて魅力のある
資金調達方法であり、


今後も増加していくことが
見込まれます。


仮想通貨がさらに
身近なものになればなるほど、

仮想通貨の価値も上がる
可能性があります。


仮想通貨が上がれば、
当然仮想通貨を
早くから購入していた人たちは、
値上がり益を享受できることになるのです。


仮想通貨投資によって、
すでに大きな資産を若いうちに
築いた人たちが多数出てきています。


そういったことが広まればさらに、
仮想通貨投資への参加者は増大し、
仮想通貨市場の拡大が予想されます。

 

 

ICOで気をつけること!】

仮想通貨業界が拡大すればするほど、
仮想通貨の種類もどんどん増えていきます。


仮想通貨の種類が増えれば、
魅力的な仮想通貨と同様に、
信頼性の低い仮想通貨も出てきます。


仮想通貨投資において、
気をつけるべきことは、
しっかりと下調べをすることです。



いくら安く仮想通貨を仕入れても、
その仮想通貨が注目されず、
価値が上がらなければ
意味が有りません。



また、ICOにより集めた資金で
行う事業が魅力的でなければ、
仮想通貨の価値も上がりません。


そういったことをしっかりと調べて、
仮想通貨投資を行うことが大切です。


ICOは非常に魅力的な
資金調達方法であり、
投資先でもあります。


ぜひ、
ICOについて調べて
仮想通貨投資に参加してみてください。