仮想通貨から始まったブロックチェーン技術は、様々な分野での活用方法が考えられています。
その中でも、現在発展しつつあるIoTの分野において、ブロックチェーンは活用されるのでは、と期待されています。

具体的にはどのように活用されるのでしょうか?

IoT分野でブロックチェーンはどう活用される?


IoTはモノのインターネットと呼ばれ、様々なモノをネットワークでつないでいく技術です。
身近なところでは、家にある家電をスマートフォンから一括管理、自動運転自動車などが考えられ、大きなところでは無人での工場稼働なども考えられます。
IoTにはネットワークが繋がることが前提としてありますが、ネットワークにはどうしてもメンテナンスなどで接続できない時間があります。

今のインターネットは、サーバーメンテナンスとして接続者が少ない時間帯等に回線をシャットダウンして、メンテナンスを行っています。しかし、場合によっては少しでもネットワークへの接続が途切れることは避けたいこともあるでしょう。

ブロックチェーンの場合はサーバーとなるものがなく、ネットワーク全体でデータを管理しています。そのためサーバーメンテナンスなどはなく、接続が途切れるということはありません。

また、IoTによって多岐に渡る情報が大量に送られることとなりますが、ブロックチェーンは分散処理を行うため、大量の情報を処理するのにも向いています。

同一のブロックチェーンを利用することで、他のIoTによるデータとの共有も簡単に行えます。

また、ブロックチェーンは実質改ざんが不可能といったセキュリティの高さもあるので、安全に情報を保管することができます。
これらの点から、IoTとブロックチェーンはかなり相性がいいと考えられています。

IoTで具体的にブロックチェーンをどう使うか


それでは、具体的にIoTにおけるブロックチェーンがどのように活用されるのかを考えてみましょう。
まず、IoTにおけるブロックチェーンの利用方法として、宅配ボックスとの連携が考えられます。
宅配便が届いたときには、不在であれば再配達を依頼しなければならなくなるのですが、IoTとブロックチェーンを利用した宅配ボックスの設置によりその可能性は低くなります。

具体的には、まず宅配ボックスにIoTデバイスを導入し、納入履歴はブロックチェーンに記載します。
納入され箱に対しては、受け取り側が開錠して荷物を受け取ります。こうすれば、配達に置ける問題となっている再配達についても最小限となります。

他にも、利用できる時間を定めた電源ソケットという考え方があります。
これはあらかじめ機関と時間を定めた状態で、電源ソケットの利用許可を出したとします。
その接続はIoTによって行われ、実際に電源ソケットを利用している時間がブロックチェーン上に記録されていきます。
使用した時間に応じて料金を支払う場合などは、正確にその時間を計ることができます。
IoTをブロックチェーン上で活用しよう、というコンセプトでプロジェクトを立ち上げている仮想通貨も、数多くあります。

最近ではそこにAIも加えて、さらに大きなデータを処理できるようにしよう、と考えているプロジェクトも増えています。
IoTには様々な課題がありますが、ブロックチェーンを利用することでその課題が解決できるのではないか、と考えられています。
今後、IoTが広く普及していくにはブロックチェーンを利用する場合も増えていくでしょう。
ブロックチェーンは現在仮想通貨に関連して利用されていますが、今後はブロックチェーン技術として独立した運用がされる場合も増えていくでしょう。
IoTは、ブロックチェーン技術の新たな可能性を切り開いていくことになるかも知れません。