最近は、モノのインターネットといわれるIoT技術が注目されています。
IoT技術は、今後様々な分野の活用が期待されていますが、具体的にはどういった方法で活用されていくのでしょうか?

IoT技術とは


IoT技術というのは、様々なものをインターネットにつなげることで、新しい価値を創造していくものです。
たとえば、過去にはテレビをインターネットに繋げるようなことはありませんでしたが、最近はテレビにインターネット回線を繋ぐことができるようになったため、テレビを通じて双方向通信が可能となり、動画配信なども見ることができるようになりました。

また、ビデオカメラでWi-Fi接続をできるようにして、リアルタイムで動画を配信することや、スマートフォンでビデオカメラの映像を確認し、遠隔操作を可能とすることができるようになっています。

これもIoTの一種といえますが、現在は更にその技術が進められており、クラウドサービスなどを利用して大容量のデータを管理できるようにすることで、情報の共有化などが進められています。

たとえば、農業においてIoT技術を活用した、スマート農業が既に実用化されています。
スマート農業は、センサーを活用することで水やりのタイミングなどを管理していく事で、農業の最適化を実現する試みです。
得られたデータを共有することで、どんどんと農業の効率化を進めていくことができます。

最もインターネットと程遠いように思える農業にも、このようなIoT技術が使われており、今後はますます多くの農業の現場で利用されるようになるでしょう。

IoT技術が今後活用される分野は?


IoT技術は様々な分野で今後活用されていくと思われますが、その中でも特に活用が期待されているのが自動運転の電気自動車です。
自動運転というのは、何も目的地までの道をただたどっていくわけではありません。
運転中も、センサーによって様々な情報を入手しており、その情報を処理しながら進んでいくのです。

そしてその情報は、インターネットを経由して情報を仕入れたり、他の自動運転の自動車と共有したりすることでさらに便利になっていきます。

例えば、今もカーナビで使われているVICSの渋滞情報を入手することで、う回路を選ぶことができます。
これに、他の自動車から入手したリアルタイムの情報を加えていく事で、さらに別の道を選ぶ、という選択肢が加わってきます。
そうした情報を基にして、最も効率的な道を選ぶことができるようになるでしょう。

また、ガソリンスタンドや充電スタンドの料金もリアルタイムに入手できるようになり、充電が必要になるタイミングも考慮して最安のスタンドを見つけることもできます。
IoT技術によって、自動運転の自動車がこうしたリアルタイムの情報を得られるように今後なっていくでしょう。
また、IoT技術は工場などの生産分野でも今後活用が期待されています。

工場にIoT技術を導入することで、生産ラインをどう分けるか、新規の部品を製造することになった場合はどの生産ラインを割り当てればいいかという生産計画を自動的に立てられるようになり、少量生産の部品なども受注して効率よく製造できるようになります。

また、危険物の処理の現場でも、IoT技術が今後活用されることが期待されています。
現在、割れたガラスなどを処理する際の分別は主に人間の手で行われているのですが、やはり怪我をする人が多く、危険な現場となっています。

しかし、この分別作業をIoTによるセンサーアームが今後行えるようになれば、怪我をする人も減り、安全が確保できるでしょう。

このように、IoT技術は多くの場面で活用されると考えられています。

まとめ


IoT技術はどんどん広がっており、今後は多くの分野で活用されるようになっていくでしょう。
IoT技術が広まっていくと、安全性の確保や生産性の向上などにつながっていきます。

IoTの課題であるクラウドにかかるコストなども、ブロックチェーンを利用することで解決できる可能性が高いため、IoTとブロックチェーンが結びついて活用されていくであろう今後に期待しましょう。