前回の“RIAの凄さレポート①”では、暗号通貨とトークンの違い、そしてRIAの概要について解説しました。

第2弾の今回は、RIAが持つ素晴らしい点をより具体的に解説し、その他のRIAの情報や潜在的価値も併せてお届けします。

“RIAの凄さレポート①”をまだ読んでいない方は、先にそちらを読んでいただくことをおすすめします。

RIAの素晴らしい点

RIAの素晴らしい点は、以下の通りです。

1. イーサリアム、リップル、ステラのいいとこ取りをした万能コイン
2. TRIAMプラットフォームで暗号通貨が作れる
3. TRIAMプラットフォームでICOが可能
4. 暗号通貨同士の交換が可能
5. イーサリアムプラットフォームからの乗り換えが可能
6. マーケットシェア獲得のための綿密な戦略がある

イーサリアム、リップル、ステラのいいとこ取りをした万能コイン

イーサリアムの“スマートコントラクト”、リップルの“決済機能”、ステラの“瞬間着金”が実装されているRIAは、これらの暗号通貨のいいとこ取りがされた万能コインです。

またRIAのスマートコントラクトは、TRIAM NETWORKですでにイーサトークンを発行しているように、イーサリアムの機能を備えているだけなく、それを上回るほどのスペックを有しています。

その他にも、RIAにはネムの“追跡機能(GPS機能”)“が実装されています。
複数のセキュリティもかけられているRIAは、“RIAがハッキングできるならどんな暗号通貨もハッキングできる”と言われるほど堅固なセキュリティ性を誇ります。

TRIAMプラットフォームで暗号通貨が作れる

TRIAMプラットフォームでは、Akibaコインが元になった“AKBコイン”や、ドラえもんをモチーフにした“ドラコイン”などの暗号通貨が作られています。

“TRIAMプラットフォームで暗号通貨が作れるようになる”という構想があるわけでなく、すでに暗号通貨が作られているというところが魅力的です。

またTRIAM NETWORKを利用して、ある国の皇太子が暗号通貨を作ろうとしていることも話題になっています。

出稼ぎに行く市民にとって、自国に仕送りをする際の送金手数料が高いという問題を解決することが目的のようです。

その他、上場企業やさまざまな地域と国がTRIAM NETWORKへの参加を表明しています。

TRIAMプラットフォームでICOが可能

TRIAMプラットフォームでは、ICOによる資金調達も可能です。

ICOを行う際、その事業で使用する暗号通貨はRIAコインでの支払いが必要になるという、イーサリアムと同じ仕組みが採用されています。

したがってTRIAM NETWOKでICOを行う企業が増加するほど、自動的にRIAの価値は上がりやすくなります。

暗号通貨同士の交換が可能

TRIAM NETWORK上にあるすべての暗号通貨、トークンは、それぞれを交換して使用することができます

企業間を跨いで使用できる“Tポイント”のようなイメージですね。
これは世界初の試みであり、RIAの素晴らしさを語る上では欠かせない要素です。

イーサリアムプラットフォームからの乗り換えが可能

現在行われている暗号通貨におけるICOの約9割は、イーサリアムのプラットフォームで行われています

ただ近年、暗号通貨市場への参加者が急増しているため、イーサリアムの処理能力は極端に低下しています。

ビットコインと同じように、手数料を上げないことにはスピーディーな着金が実現できません。
この状況が続けば、今後イーサリアムから別のプラットフォームに乗り換えようと考えるユーザーが増加するでしょう。

実はRIAは、すでに市場で公開されているイーサリアム上のトークンでも、発行上限や仕様を変更しなければ、“TRIAM NETWORK上のトークン”としてそのまま発行することができます。
つまりイーサリアムのプラットフォームにおけるユーザーがTRIAM NETWORKに流れ込めば、一気にRIAの価値は上昇することになります。

マーケットシェア獲得のための綿密な戦略がある

RIAでは、5億ウォレットのマーケット獲得が予定されています。

またその背景には、マーケットシェア獲得のための綿密な戦略があります。

海外マーケットを獲得するため、ROBINの翻訳は現在50ヶ国語に対応しており、ログインで1日3円、友達紹介で20円がゲットできるシステムも導入しています。
また“エクスチェンジマーケット”という、獲得したGBTが通貨として使われるメルカリのようなサービスの構築を目指しています。

他には、ROBIN提供の有料営業・分析ツールも用意されています。
これらのグローバルな戦略によって、RIAは5億ウォレットのマーケット獲得を目指しています。

その他のRIAの情報

現在TRIAM NETWORK上で、新しい事業が企画されています。

詳細は明らかになっていませんが、内々の情報によると、大手企業のバックアップを受けられる可能性もある事業だとされています。

またTRIAM NETWORK上のトークンにおけるICOの入金受付は、今後RIAコインのみになるとも言われています。

そうなると、RIAコインの購入数が多くなり、ますます価格を上げることになるでしょう。

RIAの潜在的価値

RIAにおける年内のターゲット推測における期待倍率を、イーサリアムと比較してみましょう。

・イーサリアム:約5万円→約80万円→16倍
・RIA:2円→約120円→60倍

もし今後、RIAのウォレット数が2億を超えることがあれば、10,000円(6,666倍)までは想定範囲だと言われています。

アメリカの暗号通貨における有識者の中には、すでに“TRIAMは化け物だ”と評する人物もいます。

まとめ

RIAが持つ素晴らしい点を中心に、RIAの凄さについて徹底的に解説しました。

“RIAの凄さレポート①”と併せて読んでいただいた方は、RIAがどれだけ先進的で、どれだけ将来性のあるコインなのかを理解していただけたかと思います。

今後RIAがイーサリアムやリップル、ステラに取って代わるコインとなれば、あっという間にランキング上位に食い込むことも考えられます。