スポンサーリンク



今回は、RIAコインの価格上昇について、そしてTriam Networkの新たな機能について解説します。
RIAコインが今後どのような要因で価格を上昇させていくのか、そしてTriam Networkの新たな機能はどんな効果を生み出すのかという内容です。

非常に興味深い内容となっているので、興味がある方はぜひ目を通していただきたいと思います。

RIAコインの価格を上昇させる要因①市場規模の拡大

RIAコインの価格を今後上昇させる要因の1つに、“市場規模の拡大”が挙げられます。
詳しく解説する前に、まずはRIAコインの現在の市場価値、ウォレット数を他の仮想通貨と比べてみましょう。

市場価値 ウォレット数
ビットコイン(BTC) 100万円 1億W
イーサリアム(ETH) 5万円 2,000万W
カルダノ(ADA) 20円 10万W
RIAコイン 2円 3万W

RIAコインは、他の主要な仮想通貨と比べると、市場価値、ウォレット数ともに劣っています。

ただROBINアプリ、Greenbox Walletコンテンツの登録時はウォレットが付いてくるため、それにより市場規模が拡大し、RIAコインの価格も上昇することが考えられます。

RIAコインの価格を上昇させる要因②トークンの発行

RIAコインは今後、“トークンの発行”によっても価格を上昇させることが予想されます。
Triam Networkのトークン発行には必ずRIAコインが必要で、トークン発行に必要なRIAコインは、RIA1:Token1、RIA1:Token10のように比率を選べます。

つまりTriam NetworkのトークンはRIAコインを担保にして発行されるため、トークンの発行者数が増えれば、それだけRIAコインを購入する方も増えるということになります。
そのままRIAコインが購入され続けることになれば、当然価格は上昇していきます。

RIAコインの価格を上昇させる要因③技術力と設計仕様

RIAコインの持つ優れた“技術力”と“設計仕様”の存在も、今後の価格上昇が予想される1つの要因です。
RIAコインのスペックは、簡単に言うとイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ステラ(XLM)、ネム(NEM)の“いいとこ取り”です。

RIAコインにはETHのスマートコントラクトが搭載されており、XRPの決済機能が実店舗などで利用できるように調整されています。
またXLMの“瞬間着金”、NEMの“追跡機能”も搭載されているため、まさに4つの仮想通貨のいいとこ取りという言葉が相応しいでしょう。

またRIAコインでは、ETHベースで発行されたトークンをRIAベースのトークンとして移管することができるほか、送金されるたびに0.001RIAずつ希少価値が高まる仕様になっています。

そしてTriam Networkのトークン同士はスムーズな価値の交換が可能なため、これからこれらの優れた技術力、設計仕様に注目が集まり、価格を上昇させることが予想されています。


スポンサーリンク


Triam Networkの新たな機能

Triam Networkの新たな機能には、以下のものが挙げられます。

Share Wallet(シェアウォレット)
承認機能を最大10人まで追加できるShare Walletは、家計や企業の経理において役立つツールとなります。

Multi Sig(マルチシグ)
4つの秘密鍵を分散して管理するMulti Sigは、オンライン環境から切り離されたコールドウォレット並みの高いセキュリティ性を誇ります。

Smart Contract(スマートコントラクト)
Smart Contractにはプログラムコードに言語設定がないため、誰でも容易にプログラムができます。

DApps(分散型アプリケーション)
非中央集権的であり、オープンソースで提供される“自立分散型アプリ”DAppsは、運営主体が存在しないP2Pの取引を実現します。

Lightning(ライトニング)
子チェーンに取引情報の詳細が書き込めるLightningは、ブロックの軽量化ができるため、次世代のさまざまな技術にも対応可能です。

まとめ

RIAコインの価格上昇について、そしてTriam Networkの新たな機能について解説しました。
RIAコインが持つ将来性の高さ、そして優れたスペックについては理解していただけたかと思います。

普段から仮想通貨取引を行っているという方であれば、特にこれからのRIAコインの動向に注目しておくべきでしょう。

いずれは主要な仮想通貨と並ぶほど、価格を上昇させることも期待できます。

スポンサーリンク