前回、ROBINの登録手順を細かく分けて解説しました。

今回は、ROBINSYTEMにおける管理更新費の支払い手順について、細かく分けて解説します。

ROBINSYSTEMの管理更新費の支払い状況確認方法も併せて解説しますので、手順や方法がわからないという方は、参考にしていただきたいと思います。

大まかな手順


ROBINSYSTEMにおける管理更新費の支払いを行う前に、まずは大まかな手順をチェックしておきましょう。

1. “プロフィール”から”SYSTEM管理更新費支払い“をクリック
2. “TOP”にチェックを入れる
3. “1年分を支払う”をクリック
4. 表示された確認画面を確認する
5. TRIAM NETWORKにログインする
6. 二段階認証コードを入力する

上記がROBINSYSTEMにおける管理更新費支払いの大まかな手順です。
ではここからは、各項目を詳しく解説していきましょう。

“プロフィール”から”SYSTEM管理更新費支払い“をクリック


画面左上の“プロフィール”をクリックすると、その右下あたりに“SYSTEM 管理更新費支払い”と表示されます。
その部分をクリックして、次の画面に移ります。

“TOP”にチェックを入れる


次の画面に移ったら、画面中央の“TOP”の下にあるチェックボックスにチェックを入れます。
特にこだわりがない場合、メインアカウントであるTOPにのみチェックを入れるだけでOKです。

もしTOPの下部に表示されるすべてのアカウントから報酬を受け取りたい場合、“全てにチェックを入れる”をクリックしましょう。

ただ、管理更新費はアカウントごとに発生するので注意してください。

例えばもし25口を登録しており、その25口のアカウントすべてで報酬を受け取る場合は、79GBT×25で月の管理更新費を1,975GBT支払うことになります。

ちなみにTOPの上部には、現在の期間の支払いが何月分の支払いになるのかも表示されています。

“1年分を支払う”をクリック


そのまま下にスクロールしていくと、右下に“1年分を支払う”という表示があるため、その部分をクリックします。

マニュアルでは“1年分を支払う”が選択されますが、1ヶ月ごとに管理更新費を支払うこともできます。

表示された確認画面を確認する


“1年分を支払う”を選択すると、状況の部分に“year”と表示されます。
その他、ポジション数とGBTの数量、GBTを支払うウォレットのアドレスが表示されるので、すべてを確認して間違いがなければ、“次へ”をクリックして先に進みます。

これ以降、支払い情報の確認はできないので、しっかり確認しておいてください。

TRIAM NETWORKにログインする


管理更新費の支払いをするために、TRIAM NETWORKにログインします。
表示されたログイン画面でパスワードを入力し、“確認”をクリックして先に進みます。

二段階認証コードを入力する


次に、二段階認証の画面が表示されるので、AuthenticatorアプリでTRIAM NETWORK用に設定した二段階認証コードを入力します。
二段階認証コードの入力が終わると、画面に“月管理料を支払いました。”と表示されます。

“1年分を支払う”を選択している場合でも、表示される文章は同じなので、ここでは1年分を支払ったのか、1ヶ月分を支払ったのかを確認できません。

ROBINSYSTEMにおける管理更新費の支払い手順は、これで全て完了です。

ROBINSYSTEM 管理更新費の支払い状況確認方法


ROBINSYSTEMにおける管理更新費の支払い状況確認は、まず“プロフィール”から“SYSTEM 管理更新費支払い状況”をクリックします。

すると画面下部に、来年の6月分までの支払い状況が表示されるので、これをチェックすれば支払い状況は一目瞭然です。

まとめ


ROBINSYSTEMにおける管理更新費の支払い手順、管理更新費の支払い状況確認方法を解説しました。

決して難しい手順ではないため、細かいポイントを押さえていれば問題なく完了するでしょう。
1番押さえてもらいたいポイントは、支払い情報における数量と合計GBT、支払いをするウォレットのアドレス確認です。

ここに誤りがあれば正しく管理更新費の支払いは完了しないため、細心の注意を払いましょう。